怒り。

160713-.JPG

吉田修一さんの『怒り』を最近読みました。

上巻はぶつぎりになりながら読んでいましたが、

下巻は読み始めたら止まらず、一気に読みました。

久々に、読み終えてからも頭から離れず、

色々なことを考えさせられる本でした。

一見人が良さそうに振舞って見える人でも

実は恐ろしい裏の顔を持っている。

人を信じること。人を疑うこと。

9月に映画が公開されるので待ち遠しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする